カウンセリングエデンHPへ

自分らしさを大切に

田中カウンセラー

こんにちは!
カウンセラーの 田中 里美 です。

僭越ながら‥
本日、9月10日は、私の誕生日です(^^)

誕生日といっても、44回目ともなると‥
「はぁ‥どんどん‥アラフィフが近づいてくる〜」
‥と、ため息が出るのですが‥

でも、家族や友達が祝ってくれる‥幸せだけを感じて、歳をとることのため息は、とりあえず置いておきます。笑

私は昔から童顔で、いつも年齢より下に、幼く見られることが、コンプレックスでした。

特に‥高校時代あたりは、大人っぽくしたいのに、私がやると‥顔が幼いから滑稽でした。

でも今は、年齢より下に見られると、心の中で、ガッツポーズです!  笑

おばさんになったら、童顔も悪くないな〜  と、思えるようになりました。

☆☆☆

誕生日といえば‥思い出します。

17歳の誕生日、私は「口紅が欲しい!」と、母におねだりして、化粧品店で買ってもらいました。
初めての、自分の口紅です。

いくつかサンプルを試して‥自分に似合うと思った色は、「ローズピンク」でした。

本当は、口紅といえば「レッド系」の、大人っぽい色に憧れていました。
でも、童顔の私がレッド系をつけると‥似合わな過ぎて、鏡見て、自分で笑ってしまうのです。

当時‥私には、Aちゃんという友達がいました。
ちょっぴり不良だったAちゃんは、美人で大人っぽくて、レッド系の口紅が、凄く‥似合う子でした。
彼女は、校則違反のアルバイトをしていて‥高そうな大人っぽい私服や、ブランドのバッグまで、自分で買っているようでした。

私は、校則違反とかが苦手な‥真面目女子でした。
ミニスカート&パーカー‥という中学生と変わらないファッションだし、靴はローファーだし、
バッグは、エナメル製のやつしか持っていませんでした。

凄くお洒落に興味がありました!
もっと大人っぽくしたいなぁと思うんだけど‥それには、先立つ物が必要です(笑)
でも私は、校則違反してまで、バイトをする気はありませんでした。
だから、自分の身の丈に合ったもので、とりあえずは、満足していました!

そんな正反対な二人‥
私とAちゃんは、何故仲良しだったのでしょうね‥
私たちは、お互いに居心地がいい相手でした。
Aちゃんは、不良っぽいけど、性格は優しいし、なんかカッコイイんです。

一緒に歩くと‥きっと、同級生に見えなかっただろうと思いますが、でも、私は別に気にしていませんでした。

そう、Aちゃんと一緒に、原宿に行くまでは・・・

☆☆☆

ある日「今度の日曜日、原宿に行こうよ!」
と、Aちゃんからのお誘いがありました。

原宿は、当時の私にとっては、大都会です!

原宿に行くなら‥私もちょっとは、カッコよくお洒落したい!と思いました♪

前日の夜から‥コーディネート考え、
お気に入りのスカートにアイロンをかけて、姉に、ジャケットを貸してと交渉しました。
寝る前に、髪の毛を三つ編みにして寝て‥翌朝ほどくと、パーマかけたようなウェーブが出来上がりました。

出かけに、誕生日に母に買ってもらった‥ローズピンクの口紅もつけました!

当時の自分に出来る‥精一杯のお洒落をし、心踊らせて‥いざ!原宿へ!  笑

☆☆☆

その日、待ち合わせの駅に来たAちゃんは‥

いつも以上にカッコいい大人っぽい服で、レッド系の口紅が似合っていて、凄〜く‥綺麗でした!

私は、Aちゃんに会うまでは、今日の自分を、凄く気に入っていたのに‥
Aちゃんと比べると、自分はダサイし、幼いなぁと思い、恥ずかしくなりました。

ショーウィンドウに映る、二人の姿を見ないようにして、下を向いて歩きました。

急に口紅が嫌になり、ティッシュで拭き取りました。

もしかしたら‥Aちゃんも、私を見て笑っているんじゃないかな?

笑顔の下で‥心は落ち込んでいました。

☆☆☆

Aちゃんは‥私が口紅を拭き取ったことに気づきました。

「あれ?口紅‥とっちゃったの?」

「うん、なんか‥つけ慣れてなくて〜」

「凄く似合ってたのに‥もう一回つけなよ。
今日、里美が口紅つけてる〜!って、すぐ気付いたよ。似合ってたよ。今日の里美、可愛いじゃん!いい感じだよ!」

Aちゃんは‥レストルームに私を誘い、口紅をつけてくれました。
紅筆‥という、大人なアイテムを使って‥塗り方も、教えてくれたんです。

嬉しかったです!

Aちゃんは、私を笑ってるどころか、ほめてくれて‥落ち込んでいる自分は、バカみたいだなって思いました。
Aちゃんに、私は、童顔だしお洒落な服を持ってないし‥って、コンプレックスを打ち明けました。

そしたら‥Aちゃんは、年齢より上に見られてしまうことの苦労話を話してくれて‥
Aちゃんも、コンプレックスとか、あるんだなぁ‥って、驚きました。

☆☆☆

私は、気づきました!

Aちゃん は Aちゃん‥   私 は 私‥
「自分らしく」が、一番です!

私がAちゃんの真似して、大人っぽい洋服着ても、多分、一日中落ち着かないだろうな‥

レッド系の口紅つけても‥多分、違和感があり、耐えきれずに、拭き取ってしまうと思うし、

ブランドのバックが欲しくても、校則違反のアルバイトを、しようとまでは思わない!

だってそれは「自分らしく」ないからです。

憧れて‥そうなりたくて、無理して背のびしても、自分らしくないことは、心にも無理があるんです。

「これ、私らしくない!私が本当にしたいことじゃないなぁ‥」って思うのです。

☆☆☆

結局、大人になっても、44歳のおばさんになっても、私は童顔のままで‥「レッド系の口紅」は似合いませんでした。笑

今でも口紅は「ピンク系」です。

でも‥あの日、Aちゃんから教わった大人アイテム「紅筆」を使って、丁寧に口紅を塗ります。

そう、あのとき‥Aちゃんから教わった「紅筆」は、こっそり‥真似して、お小遣いで買いました。
今でも、私のアイテムです☆

やっぱり‥少しは、カッコいいAちゃんの、真似をしたくなり、自分に取り入れたのです!笑

今、私の周りのママ友達にも、素敵な女性がたくさんいます。
素敵だなぁ‥って思ったら「素敵だね」って、言葉で伝えます。

でも、私は私です!
そこで「劣等感」を感じる必要はないかなって、思えるようになりました。

これからも、自分らしく‥
ありのままで、いたいです。

童顔がお得になった〜!って、喜びながら‥
口紅 は ピンク系で!
紅筆  は、必須アイテム!

いつも真面目に、自分に出来ることを
一生懸命に‥努力する!

今はこれが‥ 一番、自分らしいです☆

44歳の誕生日‥私は、こんな事を思ったのでした。

☆田中 里美☆

コメント