カウンセリングエデンHPへ

深さのある「自己紹介」のすすめ

田中カウンセラー

こんにちは!カウンセラーの田中里美です!
今回の記事は「自己紹介」と「カウンセリング」について‥です。

1 自己紹介が苦手だった自分

新しい人間関係の中で、新しく何かが始まるとき、必ず‥一人ずつ、自己紹介をしますよね。

私は昔‥大勢の前で自己紹介することが、とても苦手でした。

まず‥「どうしよう、何話そう〜」って、胸がドキドキします。
更に、声は震えるし‥名前、趣味くらいを話すのが精一杯でした。

2 自己紹介の大切さに気づき、意識を変える

「凄く苦手な‥自己紹介」が「凄く‥大切なもの」であることに、気づいたのは、念願の「保育士」になった時でした。
自分は未熟だけど、「大切なお子様を、責任を持ってお預かりする」という意識を持たなければと思ったのです。

保護者の方々に、自己紹介するとき‥

子どもたちを前に、自己紹介するとき‥

私にとって、ただ憂鬱な、自分の番を早く済ませたいだけの「自己紹介」は、凄く大切な「自己PRをするチャンスの場」であると、意識が変わりました。

この場で、この人たちに向けて話すなら
「自分のこういう部分を伝えるのが良いかな。こんな風に‥こんな口調で、こんな自分をPRしよう!」‥と、その状況に合わせて、よく考えるようになりました。

3 「真っ直ぐな瞳」が教えてくれたこと

特に‥子どもたちに自己紹介をする時は、「仲良くなりたい」という気持ちを伝えようと、内容を一生懸命に考え、声に出して練習もしました。

子どもたちは、瞳をキラキラ輝かせて‥
「この先生は、どんな先生だろう!」と、私を見ていました。
その瞳は、私の「緊張」や「失敗したらどうしよう」という不安な気持ちは、全く気づかないでいてくれる‥真っ直ぐな瞳でした。

そっか、上手く喋らなきゃ!って、思わなくていいんだ!
カッコいい内容を話す必要はないんだ!
でも〜‥緊張は、どうしてもしてしまう。

そうだ!「先生は、人前で話すのが得意じゃないんで‥ちょっと緊張してます!」って、正直に話してしまおう!

「飾らない自分を伝えればいい」と、思いました。

そう思えたら‥
凄く、気持ちが楽になったのを覚えています。

子どもたちの「瞳」が、ありのままでいいよ‥と、私に教えてくれたのです。

4 ありのままの自分を話す

その後も、‥保育以外の場でも、結婚してからの子育ての中でも、数多くの「自己紹介の場」がありました。

緊張します!  よく声が震えます!

正直‥今でも、とても苦手です(^^;;

でも‥ありのままの自分で、自分を紹介しよう!
「緊張して上手く話せない自分」も
「声が震える自分」も、
紹介してしまおう(笑)‥という気持ちで臨んでいます。

そして、その場に集う皆さまの「自己紹介」も、大切に聴くようにしています。

その方を知るチャンス!‥ですから☆

(エデンでのカウンセラーとしての私の自己紹介も、一生懸命に考えました。飾らない、ありのままの私を紹介しています。ぜひ、HPを ご覧頂けたら‥と思います。)

5 自分の心を加味した自己紹介

話は変わりますが‥

「私のストレス解消法は、○○をすることです!」

‥と、自分の趣味や好きなこと  などを、自己紹介の場で「ストレス解消法」という言葉で話した人がいたのを思い出しました。

それも、私が思い出せる中で‥3人もいたんです。

内容は‥スポーツ、映画鑑賞、ドライブ  等でしたから、「趣味」という表現で良いのに‥  と思うのです。

でも、その方が「趣味」という言葉で話していたら、私は覚えていなかったかもしれません。
「ストレス解消法」という言葉だったから、私の心に「その人」と共に、残っているように思います。

では「ストレス解消法」という言葉で話したのには、どんな意図があったのでしょう?

①  それをすることにより、ストレス発散出来た経験があり、それを自己PR として、皆に話したい。

②  私は、こんなことでストレス発散してる人です!ストレスをためないよう‥意識している人です!‥と、自己PRしたい。

③  今、凄くストレスを抱えていて‥苦しいけれど、このストレス解消法 で、上手くストレスと付き合う努力してます!‥と、自己PRで伝えたい。

↑  ‥このように、言葉の意図の‥可能性を考えました。

①② は「私の趣味は‥」と、話すことよりも「自分にとっては、これがストレス発散に役立つ要素あり!」‥と伝えたい気持ちが、加わっているだけかもしれません。

でも、③の意図は‥?

「今、自分がストレスを抱えている状況だ」ということを伝えたい‥という気持ちが、どこかで働いているのかもしれません。

(①〜③ 以外の可能性も勿論ありますよね。)

私が思い出した「ストレス解消法」という言葉を使った3人は、明るく‥サラッと‥笑いながら話していたことが共通点でした。

小さなことかもしれませんが、自分を紹介する場 で、自分のマイナスになることを話す方は、まずいないように思います。

ストレス解消法で、ストレス発散しながら‥
「毎日頑張っている自分! 」 を、伝えようとしているのでしたら、前向きで、素敵なことですね!

6 深さのある自己紹介

カウンセリングは、自分の悩みや、辛さを、「カウンセラーに話すことで、何かを変えよう」と思う方が、訪れる場であり、クライエント様が、カウンセラーと一緒に「新しいことを始める場」です。

これは「大切な出会い」です。

私は、カウンセリングで悩みを話すことは、「その人の心の奥の‥深さのある自己紹介」‥のようだなと、思います。

多かれ少なかれ‥誰しも、何かにストレスを感じながら、毎日を過ごしていることと思います。

自己紹介で「ストレス解消法」という言葉が、自然に出ることが普通なように‥

「悩んでいること」を話して、これからどうするか考えるため‥カウンセリングに訪れることは、誰もが思う‥「ストレスから楽になりたい気持ち」からの行動です。

「カウンセリング」と聴くと‥敷居が高く感じる方もいるかもしれませんが、それほど、特別なことではないのかもしれません。

7 同じ深さまで降りていくカウンセラー

カウンセラーは、あなたの話を丁寧に聴きます。
この方はどんな方なんだろう?
どんな風に辛いんだろう?
何故‥〜なんだろう?

‥と、クライエント様の「感情」を大切にし「心」に寄り添います。

すると‥クライエント様の‥小さかった声が大きくなったり、間を空けずに、どんどん言葉が出てきたりと‥緊張が解けたのが、伝わって来ることがよくあります。

上手く話せなくても大丈夫です。

どうぞ‥真っ直ぐな気持ちで、話して下さい。

深さのある自己紹介は、普通の自己紹介よりも、ずっとずっと‥勇気がいることを、私たちカウンセラーは知っています。

でも‥カウンセラーは、家族や友達と違い、実生活に繋がりを持たない相手だからこそ、話しやすさもあるのでは‥と思います。

ぜひ、あなたの「心の奥の‥深さのある自己紹介」を、安心してお話して頂けたら‥と 思います。

カウンセラーは、あなたと同じ深さまでおりていき、ありのままのあなたの、感情を受け止めます。

カウンセラーと共にその深さまで行くことで、何か答えの糸口が見つかるかもしれないですよ。

☆田中 里美☆

コメント