カウンセリングエデンHPへ

素敵な生き方

中嶋カウンセラー

こんにちは。カウンセラー中嶋です。

5月も終盤にさしかかり、うっすらと梅雨の気配と夏の訪れを感じる今日この頃です。

夏になると私は、ある友人家族に誘われてウミガメを見に出かけます。

大人のウミガメを見たことは一度もないのですが、孵化して月夜の海に向かって歩き出す、生まれたてのウミガメの赤ちゃん達には何度か出会えることができました。

今回の主役はウミガメ。
ではなく、その友人、その家族の話。

その友人は日系ブラジル人で、私より4歳ほど年上の女性。
20歳で日本にきたそうです。大阪に。

そこで現在の旦那さんと出会い、結婚。

自然豊かな場所で暮らしたいと、夫婦で海と山に囲まれた私のふるさとでもある和歌山の片田舎に移住してきたそうです。

そして子供が3人。

旦那さんはダイビングのインストラクターの仕事をしていますが、それだけでは生計が立たないので、友人はパートにでて家計を支えています。

空き家だった古民家を自分たちでリフォームして住まいを作り、畑で野菜を育て、海で魚を釣って、子供たちも、超が付くほどの自然児で。

この家族と会うたびに私は元気をもらうと共に、学ぶんです。

この友人家族はお世辞にも裕福とは言えませし、
”今どき”や”流行”を行くような部分もありません。

でも、家族5人、いつもキラキラしています。

いつも笑顔が溢れています。

友人と旦那さん。そしてその子供たち。

みんなその生活を楽しむ工夫を好んでしているんです。
お金を使わず手作りのブランコ。
お金を使わず手作りのおもちゃ。
お金を使わず自給自足のごちそう。

ああ、この人達の生き方って、素敵だなといつも感じてしまいます。

それは何も、お金を節約して生活をしていることに対してではないんです。

自分たちの幸せの価値観をちゃんと知っていること。

それを自分たちで作っていること。

そこに私は、いつもいつも素敵だなと感じるんです。

人それぞれに幸せの価値観があります。

結婚が幸せ。
独身が幸せ。
お金持ちが幸せ。
インドアが幸せ。
アウトドアが幸せ。
などなど。

人それぞれに幾通りもの幸せの価値観があります。

そのどれも、正解も間違いもないと思うんです。

そして自然と幸せの価値観が変わっていくこともあります。

独身が幸せだと思っていたけど、結婚したいと思う異性に出会い、結婚も幸せなのかもと思うようになった。

お金持ちが幸せだと思っていたけど、以外と生活が回るくらいのお金があれば良いかなって思うようになった。

インドア派だったけど、出かけることが最近楽しくなってきた。

アウトドア派だったけど、最近は自宅でのんびりと一人で過ごす時間も好きになってきた。
などなど。

でも、
「他のみんながそうだから。」

「一般的にはこうだから。」

「誰かより勝っていたいから。」

と言う理由で、幸せの価値観がズレたり、それを幸せだと思い込む事は、自分の幸せをうやむやにしてしまいます。

私が友人、その家族から学ぶのは、
”人に流されない幸せ軸”
を持つこと。

移住してきたとき、自分たちで古民家リフォームしたり、会社勤めではない自由業の旦那さん、日本人ではない友人に、近所の人達から好奇な目を向けられた事もあったそうです。

時には「何か怪しい。」と誰かに通報され、警察が来たこともあったそうです。

そんな話を笑って聞かせてくれたことがありました。

自分たちの幸せ軸を形にしながらの生活が20年ほど経つそうですが、ご近所さんからも自然と受け入れられるようになって、今では友人夫婦も子供達も、とても可愛がってもらえているようです。

実際、私が友人宅にお邪魔した時、近所の子供達が集まって庭で遊んでいたり、友人を見かけると「◯◯ちゃん!」とご近所さんの方から笑顔で駆け寄られてる友人を見ていると、ほほ笑ましくなります。

自分の幸せ軸をもっている。
その人からは優しさが溢れてる。

素敵な生き方ですね。

コメント