カウンセリングエデンHPへ

声に気持ちを込めて

田中カウンセラー
2018年4月
« 3月 5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

こんにちは!

カウンセラーの  田中  里美  です。

皆さま、エデンのHPの「カウンセラー紹介」の ページで、デッカい口開けて、惜しみない‥にっこり笑顔の 「私の顔 」‥もう見て頂けましたでしょうか?  (笑)

私は見ての通り‥笑うと目がなくなっちゃいます。全然美人じゃないです!わかってますよ〜☆  (笑)

でもこの「くしゃくしゃ笑顔」は、飾りっ気がなくて、なかなか‥良いんじゃない?って、自分で自分に言っています。

私は、子育てを通して‥ 子ども会会長もやりましたし、読み聞かせボランティアもしています。
今年は、2回目の PTA役員です。

そんな中「初対面の人と会う機会」が、結構あるのですが、子どもの頃は人見知りで、上手く話せなかった私が、このような‥人と会う場が、楽しめるようになったのは、この「笑顔」のおかげだったりします。

保育士時代に、子どもたちと一緒にいたら‥
自然と口もとがほころんできて‥自然な笑顔が出来るようになりました!

上手く話せなくても、いつも笑顔で挨拶したり、
笑顔で人の話を聴くように心がけています。
すると、人と心が近くなれたのを感じます。

☆☆☆

でも、電話カウンセリングでは、クライエント様に、私の顔は当然見えません。

私からもクライエント様の顔は見えません。

対面カウンセリングなら、表情、動作、仕草、声、等の沢山の情報を受け取り、クライエント様の感情が伝わって来たりします。
顔や服装から、その人のかもし出す雰囲気を感じることも出来ますね。

しかし、電話でお互いの感情を伝え合うのは「声」だけです。

だから私は、クライエント様の声をよく聴いて‥話し方や、言葉使いや、抑揚など、集中してクライエント様の「感情」を感じられるようにしています。

そして、クライエント様も、私の「声」だけの情報から、感情を感じて下さっているわけだなぁ‥と、考えて「気持ちが伝わる声」を、心がけています。

今の時代は、殆どの人がスマホを持ち、インターネットをしたり、メールやLINEなど、コミュニケーション方法も、様々です。

でも「電話」って‥離れている相手とも「声」が伝え合えるんですよね。

もちろん「言葉」も大切ですが、同じ言葉でも、明るい声で話すのと、暗い声で話すのとでは、相手に伝わるものは全然違います。
「声」って、凄く感情と結びついていますね。

私は日常の中でも‥大切な話や、きちんと真意を伝えたいけれど、会って話すのが難しい時は、メールやLINEではなく、電話をするようにしています。
その方が‥より深く、伝わると思うので!

少し話がそれましたが‥

クライエント様の「声」に、全神経を集中すること!
そして、私が発した「声」から、
クライエント様が、「この人は話しやすい」と、思って頂けるように‥
リラックスして、話せる雰囲気を「声」からお伝え出来るようにしたいと、いつも思って‥カウンセリングに臨むこと!

これは特に「電話カウンセリング」だからこそ、私が意識して、気をつけていることだなぁと、思います。

カウンセラーとしての「声」に‥
「寄り添う気持ち」や「暖かな笑顔」を、のせて‥

クライエント様と「心」が近くなれる‥そんなカウンセリングが出来たら‥と思っています。

☆田中  里美☆

コメント