心について正しく理解し活用できるサイト

男子のヤンチャは、意欲の証拠!

田中カウンセラー

こんにちは!

子育てカウンセラーの  田中  里美  です。

「子育ては、親育て‥」なんて、よく聞きますが‥

私は男子二人の、子育て中で、やっと親年齢が12歳になったところです。

☆ついに反抗期が始まった長男(小6)

☆ヤンチャなギャングエイジの次男(小3)

これまでの子育てを、振り返ってみて‥

姉妹で育った私にとって、男の子の行動には、
とにかく!戸惑うことがいっぱいだったんですよ〜

私は、保育士の経験から、
男女差は、2歳半を過ぎたあたりから出てくるとか、どんな違いがあるかとか、頭ではわかっていたつもりでした。

でも「我が子」だと、なかなか冷静になれなかったりします。

《子育て日記・長男編》
☆(当時3歳)‥凄くマイペース!友達が「一緒に遊ぼう」と呼んでも、振り向きもせず、草むらで虫探しをしていました。
そして「ママ、プレゼントだよ〜♡」と、ニッコリ笑顔で、ポケットの中から出したのは、掌いっぱいの‥ダンゴムシ&ミミズ!!
・・・虫が苦手な私は、悲鳴をあげましたが、長男はそんな私を見て、キョトンとしていました。

☆(当時6歳)‥折り紙に夢中になり、本を見て、難しいものも一人で折れるようになり、毎日毎日‥ただ一心不乱に折っていたら、気がつけば、長男の折り紙作品が、段ボール一箱に!
この子の集中力は凄い!と、親バカになりましたが、暫くしたら飽きてしまい、折り紙ブームは呆気なく終わりました。

☆2歳過ぎた頃に、トミカが好きになったのが始まりで→仮面ライダー→ポケモン→妖怪ウォッチ→ドラゴンボール‥と、次々と‥何かに夢中になり、そのキャラクターのカードやメダルなどを、コレクションしまくりました。
友達と見せ合ったり、交換したり‥常に何かの「コレクター男子」でした。
友達との交換トラブルも、多々ありました。
レアなカードが当たったとか、当たらないとかで、頭の中は、コレクションのこと一色です。今もまだ続いています。

《子育て日記・次男編》
☆(当時4歳)‥長男とは2歳半の差があるのに、全て真似をし、自分も同じに出来ると思っているので、驚きの連続でした。
自転車の補助輪も、早く外してほしいと言い、4歳には、補助輪なしの自転車に乗っていました。
長男の真似をし、高いところに登って、バランスを崩して落下し、丁度オデコにコンクリートの角が!→パックリ切れて流血!!→救急車に乗り‥8針縫いました。
その他‥今までに、頰に5針、左手指に13針、縫い跡だらけ‥注意深さに欠けます!
致命傷になってないことが奇跡!危ないことが大好きで、ヒヤヒヤします。

☆(当時6歳)‥友達と秘密基地を作ったと、凄く嬉しそうだったのですが、秘密だからと、見せてくれませんでした。
ある日、遊びに行った次男が、なかなか帰って来ないので、探しに行くと‥立ち入り禁止のジャングルのような空き地で、遊んでいました。
これが秘密基地かぁ‥危ないし、蚊に食われるし‥居心地最悪!「立ち入り禁止だから、入っちゃダメだよ」と言ったけど、凄く凄く楽しそうだったのが忘れられません。

☆何でも、お兄ちゃんの真似して育ったので‥次男も、もちろんコレクター男子です。
お兄ちゃんとの、カードゲームや、カード交換で‥トラブルだらけ。
すぐバレる嘘や、ズルしたり、兄をからかったり、ちょっかい出します。
喧嘩の8割は、次男が原因かな‥

男子は、毎日が賑やかで、騒がしいです。
汚すし、喧嘩は激しいし、危ないことするし‥目が離せません‥が、ずっと見張ってるのは、お互いに良くないので、私はなるべく、意識して、目を離すようにしてきました。
だって‥二人とも、生き生き過ごしているので、基本的には、これで良いと思っているんです☆

「人の気持ちを察する能力」
「自分の気持ちを言葉にして伝える能力」
共に、生まれつき、女子の方が優れているそうです。
更に‥
「リスクがあることを嫌い、避けようとするのが女子」
「後先をあまり考えず、むしろリスクがあることを楽しむように‥やってみようとするのが男子」です。

ほら、よく‥

雨の日の水溜まりに、バシャバシャと入って行き、足元がずぶ濡れになっている男の子、見たことないですか?
そんな男子を、あらあら‥という目で見ているのは、水溜まりを避けて歩いている女子です。
この男子と女子‥年齢は同じだったりしますよね。

そうです、女子の方が、精神年齢の発達が早めです。面白そうと思っても、汚れるリスクを考えて、やりません。

こんなこと書いていると、まるで女子が良い子で、男子は悪い子‥みたいですか?

決して、そんなことは無いんですよ!!

脳の発達の違いから‥心の発達にも性差があるだけで、どちらも素敵な個性です!

私は、男子二人を育てていて、驚きの連続ではありましたが‥「今まで知らなかった世界」を、たくさん知る事が出来ました。

悲鳴を上げそうな‥虫のコレクションも、
理解出来ないカードコレクションも、
後先考えない行動からの大ケガも‥

どれも、長男と次男が、毎日を生き生きと過ごしている証拠かなと思っています。

水溜まり→面白そう!→バシャバシャしたらどうなるかな?→やってみよう〜!

↑これも大切な「意欲」かなと思います。

人に迷惑をかけず、明らかに危険ではなければ、せっかくの「意欲」ですから、なるべく「やめなさい!ダメよ!」と、止めずにやらせてあげたいものです。

そして「意欲」は、見守ってくれるお母さん‥という「心の基地」があってこそ、持てるものだと思うのです。
せっかくの「意欲」‥伸ばしてあげたいです☆

‥とはいっても、水溜まりに入ると後が大変だし、されたら困ることもありますよね。
そんな時は、「〜だから困るよ。危ないからやめておこうね。」などと、目をみつめて、毅然と話してみると‥不思議とやめます☆
「叱る」よりも「話す」の方が効果があるように思います。

目を見て‥子どもの「心に届く」ように話すのがポイントです。

‥なんて言いながら、私も叱ってしまう時もあります☆
しょーがないですよ。人間ですもの(笑)

母になり、12年!!
私はこれからも‥男子の世界を、一緒に楽しめるお母さんでいたい!と思っていす。

男の子のヤンチャに、手を焼いてるお母さん‥
もし悩んでいたら、話してみませんか?
私‥その世界にとても共感できますよ☆

女子は‥?
女子には女子の‥素晴らしい「意欲」がありますね。
このお話は‥またの機会に〜☆

☆田中  里美☆

コメント