カウンセリングエデンHPへ

ありのままの心で生きる

田中カウンセラー

こんにちは!
子育てカウンセラーの  田中  里美  です。

今日は、最近の自分のことを書きます。

ここに、エッセイ記事を載せて頂くようになり、自分の新しい世界が、広がってきたことを感じています。

現在、自分が頑張っていることである‥「心理の学び と 育児」について、書いたものが、皆さまに読んで頂けること‥本当に幸せです。

私の記事(エッセイ)は、
「飾らずに!真っ直ぐに!私らしく!」‥と、思って書いてきました。

しかし最近‥記事を書こうとすると、
「もっと、上手く書こう!」
「もっと‥カッコいいこと書きたい!」

‥と、思っている自分に、気がつきました。

それに気づいた時、初心に戻りたいと思ったのですが、やっぱり‥どこかに、上手く書こうとしている自分がいます。

書いては消して、書いては消して‥

「スランプだぁ〜!!」

‥と、なんか急に‥「心ある文章」が、書けなくなってしまいました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんな時は、焦ってもダメですね。

書くのをやめて、違うことをしました。
何かやろうと探さなくても、年末大掃除もすすめなきゃだし、家事は休みがないし、主婦は、やる事がいっぱいです。

そして数日後、そろそろ‥記事書こうかなと、コーヒー飲んで、ボーッとしてみました☆

すると、ふと‥思い出したことがありました。

それは、今年の、母の日の出来事でした。

長男(6年生)  と、次男(3年生)  が、「お母さんの絵」を描いて、プレゼントしてくれたんです。

☆次男は「ガニ股で、でかい口あけて笑っている‥お母さん」と「ツノが生えて、怒っている‥お母さん」の、二つの表情でした。
全く悩まずに、五分で描きあげました。色塗りは面倒だからって、してません。線も雑です。
でも、ツノが生えてるお母さんの顔、凄く、イキイキしてます!
「ガサツな‥かあちゃん!」って感じで、私にそっくりなんですよ〜☆
私は、この絵が面白くて‥大笑いしました。

☆長男は「笑顔で、ピースサインしてるお母さん」の絵でした。
「えっ!わたし、こんなに可愛いい??」と喜んでしまいました。
「I  love  mother♡」と、覚えたての英語が書いてあり、水彩色鉛筆で綺麗に塗ってあります。
さすが6年生!上手になったなぁ〜と、感心しました。

絵を描くのが好きな二人が、プレゼントしてくれた‥「お母さん」の絵!
どちらも、最高のプレゼントです!凄く嬉しかったです。
二人とも、私を喜ばせようと思って描いてくれた気持ちは、同じです。

でも、二人の絵には、大きな違いがありました。

6年生の長男は、「上手く描こう!」という気持ちが働いているのです。
しかも、英語でメッセージを入れる‥など、少し大人っぽくしようとしてします。

3年生の次男は「お母さんはこんな感じ〜!」と、感じたままを、そのまま飾らずに描いています。
次男は、幼さとあどけなさを、まだ‥持っていることがわかります。

どちらが良いとか、悪いとかじゃありません。
どちらも素敵な絵です。
ただ‥この違いは、「心の発達段階」によるものです。

きっと、3年生の次男も、このような「あどけない‥飾らない絵」は、来年には、描けなくなっているのかもしれません。
6年生の長男は、反抗期も始まりつつありますし、来年には、お母さんの絵‥なんて、もう描いてくれないかもしれないですよね。

二人とも、今の、この感性でしか描けない宝物かな‥と、思いました。

二人の絵を見て「上手く描こう!」と思って描くか、「ありのまま」を描くか、

これは、大きな違いなんだなと感じました。

私は‥お母さん年齢は、まだ12歳!
記事を書く機会を与えて頂いたことに、感謝し、「上手く書こう!」と気負わずにいたいです。

次男の描いた絵と、長男の書いた絵の‥真ん中あたりが、今の‥「ありのままの私」かなと気づきました。
素晴らしい「育児観」や「教育論」を、述べたいけれど、私は、そんな偉い人じゃないですから‥
とにかく一生懸命に!!
今の私に出来ることを努力していきたいです。

もちろん‥カウンセリングも!
今の、この私だから‥
今の、私にしか出来ない‥
「心」をこめたカウンセリングをしたいです。

そして‥今の私に出来る「精一杯の真心」を持って‥
クライエント様の心に、一生懸命に寄り添います!
それだけは、自信を持ってお約束します!!

☆田中  里美☆

コメント