心について正しく理解し活用できるサイト

心からの言葉を伝える大切さ

田中カウンセラー

こんにちは!
心理カウンセラーの、田中里美です。

毎日の育児日記の一コマから‥今日も一つ、エピソードを紹介します。

今回は、心からの気持ちを、どう伝えるか‥について。

☆☆☆

我が家の子供達は、小6と小3の男子です。

「兄弟喧嘩は、親がジャッジしてはいけない!」
‥なんて、聞いたことないですか?

ジャッジはしない方が良いのでしょうけれど、
男の子だから、喧嘩も激しくて(^^;;
正直、ジャッジ‥してしまう時もあります。

先日、久しぶりに喧嘩がありました。

私は、喧嘩は、基本的に口を出さず、見守りますが、長男が助けを求めてきたので、話を聞くことにしました。

原因は、二人で遊んでいたカードゲームの、ルールのことでした。
次男が、ルールを守らず、ズルをしたようです。

カードゲームは、勝ったら相手のカードがもらえるルールです。
だから、普通のトランプより真剣!!歳下だからと、以前は手加減してあげたり、ズルを見逃してた長男も、最近は許しません!

「あっ!それズルだよ!!ダメだよ!」と、ハッキリ言うし、
それでも次男が、惚けたり、直さないと、許しません!凄く怒ります。
この日は、長男に結構怒られたので、次男は、泣きました。

私は、長男の話を聞いて、次男が悪いということは、よーくわかりました。

次は、次男の話を聞きたいけど‥泣いているから、上手く話せません。
「お兄ちゃんが僕にバカって言った‥」とか「もう絶対お前と遊ばない!って言われた。」って、途切れ途切れに話します。

自分がズルをしたから、怒られたことも、自分が悪いってことも、十分わかっています。
でも、強く怒られたことが、悔しくて‥涙が出るし、謝れないようです

私は、長男の気持ちを次男に、次男の気持ちを長男に、話すことにしました。

長男には「ズルしちゃったのは、悪いと思っているみたいだよ。でも、怒られたことで、涙が出ちゃって、謝りたいけど謝れないんだと思うよ。」

次男には「あのね、お兄ちゃんは、ズルされたことが、凄く嫌だったんだって。だって‥逆に、お兄ちゃんがズルしたらどうする?あなただって、怒るよね?ゲームでズルする子は、誰も遊んでくれなくなっちゃうよ‥って、あなたに、教えてくれてるんだと思うよ。」

そして、私は席を外しました。

席を外した‥と言っても、リビングにいる二人を、キッチンから見てました。

長男が「謝ったら許すよ。」と、言いました。

次男は無言のままです。
次男は、性格的に、素直に謝るのが苦手です。

メモ帳に何か書いて‥長男に渡していました。
そして‥二階の自室に入り、姿を隠しました。

長男が、次男にもらったメモを、見せてくれました。

『もうズルしません。ごめんなさい』

わたし‥思わず笑っちゃいました  (笑)

悪いってわかってるんだよね。
でも、謝りたいけど、素直に言えないんだね‥
今の次男の‥精一杯なんだよね。

長男は、すぐに「ごめんなさい」が言えます。
でも‥自分が悪くなくても、場をおさめるために、言ってしまうこともあるので、更にお説教が長くなることもあります。笑

個性‥ですねぇ~

メモは、涙を拭いた手で、ギュッと握りしめたようで、少し濡れていました。

長男は、次男のところに行き「もう、わかったよ」と、許したようです。
直接の謝罪はなくても、気持ちが伝わったようです。

☆☆☆

遠慮なく喧嘩が出来る相手がいる‥幸せなことです。
何事もなかったように‥またカードゲームが始まりました。笑

自己主張は抑えめだけれど、素直に言葉で表現できる長男。
自己主張が強いけれど、大切な場面で、言葉にするのが苦手な次男。

二人とも、それぞれの個性があり、良いところも、悪いところもあるけれど‥
「自分が悪いことしたら、ちゃんと認めて、ちゃんと相手に謝れる。」
人として、大切なことです。

自分が悪かったって、十分に反省している次男の、「ごめんなさい」は、言わされた謝罪ではなく、心からの謝罪でした。

私がジャッジして、
あなたが悪いよ!謝りなさい!‥と、次男に、言っていたら‥

無理矢理言わされた「ごめんなさい」だったかもしれません。

☆☆☆

声に出して‥相手に、伝えることが難しい時、ありますか?

そんな時は、ほかの方法で伝えても、良いのかもしれませんね。

大切なのは、自分の「心」を、相手にちゃんと伝えることだなぁ‥と、教わった気がしました。

いつも、子供達の行動よりも、どんなことを感じているか‥思っているか‥

コメント