カウンセリングエデンHPへ

心の充電をしてみませんか

田中カウンセラー
2017年10月
  11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

こんにちは!
エデンの心理カウンセラーの田中里美です。
私は、二児の母です。
毎日毎日‥家事、育児、仕事と、忙しい日々を過ごしています。
そんな、日常の中の‥ちょっとした子どもとのやりとりの中で‥
育児=育自  だなぁ‥と、勉強になったり、
子どもの一言から‥自分自身を反省したり‥
本当に、色々な出来事があるものです。
そんな私の‥育児日記の中から、懐かしいエピソードを一つ、ここに紹介します。
☆☆☆
今から約5年前‥長男が、小学校に入学し、まだ間もない頃のことです。
入学してから、毎日楽しく学校へ行っていた長男が‥
ゴールデンウィーク明け、毎朝、身体のどこかが痛いと、私に訴えるようになりました。
痛い部分は、頭だったり、お腹だったり、足だったり‥色々でした。
私は、オデコを触り、熱がないことを確認し、寝起きの様子や朝食の食べ具合や、会話などから、いわゆる「体調」が、悪くないことを確認すると‥
痛いのは、本当は「心」ではないか‥?と思いました。
登校10分前位になると、必ずどこか痛くなる‥1年生の長男が、小さな心で、一生懸命、私に‥何かを伝えるためのサインだと思ったのです。
しかし、頭やお腹も、本当に痛いのかもしれません。
仮に、痛くなくても‥絶対に「仮病」ではないと、私は信じていました。
きっと、何か不安や、心のしんどさから‥「○○が痛い」と、言わざる得ない状況なのです。
ストレートに、「学校に行きたくない」とは決して言わないところが、いじらしさを感じます。
「学校で○○の授業が嫌だ!」
「友達とうまくいかない」
「○○先生に昨日怒られた」
など、何か具体的な嫌な出来事があったなら、話してほしいですが、(長男の気持ちは100%は解りませんが‥)どうやら、そういった具体的な原因はないようでした。
入学して、ずっと張り切って登校していたけど‥ゴールデンウィーク、学校を休み、家にいたことで、ちょっと学校が、しんどいな‥幼稚園の頃は良かったな‥
など、学校という集団生活の中での‥ストレスがあるのかな‥
入学仕立ての学校で、色々なことを、たくさんたくさん頑張っているから、頑張るための「充電」が必要なのかな‥と思いました。
正直、はじめは戸惑いましたが、段々に「今日痛いのはどこかな?」なんて、長男が痛いと言ってくるのを待つ余裕が出来ました。
家を出る前の、儀式のように‥
膝に抱っこしてあげ、痛いと言った部分を、「そっか、○○が痛いの?早く良くなれ良くなれ~‥」って、たくさん撫でてあげました。
時には「朝、腹痛を訴えていたので、学校でも様子を見て頂けるよう、お願いします。」と、連絡帳に一筆書いて、それを御守りのように持たせて、安心させてあげました。
そして‥「もう時間だね、学校行ける?どうする?‥」って聞くと、
「うーん‥なんか、少し良くなってきたから、行く!」という返事が、必ず返ってきました。
そこへ、タイミング良く‥「学校行こう!」という、近所のお友達のお誘いのインターホンが鳴ると‥
さっきまでの甘えん坊は、嘘のように元気に、ランドセルを背負います  (笑)
もうきっと‥どこも痛くないだろうな☆と、私も笑顔で送り出せます。
長男の「◯◯が痛い」は、5月いっぱい‥殆ど毎日続きましたが、段々と言わなくなり‥気づいたら無くなっていました。
その後も、夏休み明けの9月上旬や、連休明けの登校前などに、時々、どこかが痛くなったりしましたが、その度に‥「そう~ここが痛いの?困ったねぇ‥」って、気持ちに寄り添っていたら、いつからか、全く言わなくなりました。
長男が「しんどい気持ち」から表した、この「○○が痛い」という訴えから、私は「相手の立場になり、辛さに共感して‥寄り添う大切さ」を学んだように思います。
「何故しんどいのか、理由を言葉に出来ない‥漠然した辛さ」こそ、しっかりと受け止めてあげる必要があると感じました。
そんな長男も、もう6年生です。
「今日は◯◯の授業が嫌だな~行きたくない!面倒くさいな!休みたい~!」
‥と、ずいぶんハッキリと、言葉で表現するようになり、成長を感じています。
これにはこれで‥とことん付き合っています(笑)    そして、必ず長男も、私も‥笑顔になっている状態で、送りだしています。
皆さまは、どうでしょう?
重たいストレスから、身体のどこかが痛くなるなど、不調を感じることはないですか?
嫌なことを「◯◯が嫌で憂鬱だ」と、ハッキリ言葉に出来る時もありますが、
なんだか自分でも、漠然とモヤモヤしている時‥
そんな時は「心の充電」が必要なのかもしれません。
なんかしんどいな‥と感じたら、カウンセリングを受けて、心の充電しませんか?
私は、どんなご相談でも、共感し寄り添う気持ちで‥丁寧に聴くことを大切にしています。
もしよろしければ‥あなたの「心の充電」お手伝いさせて下さい。
☆田中   里美☆

コメント